再開発、再生ビジネス

東京・名古屋・福岡などの商業都市の公示地価が16年ぶりにプラスになっている。
不動産投信、リートによる優良物件購入も大いに貢献しているわけだが、

バブル時の不動産売買のように買って高く売るというビジネスではなく、買って儲かる仕組みを作るという動きである。

この動き株価が動き出した2003年頃を観察するといい。
まず、六本木ヒルズ。これが2003年の開業だ。
最近では楽天も品川にオフィスを移るなど、ライブドア事件があってから少し縁起の悪いビルとささやかれてもいるみたいだけど。
人気の有るビルに仕上げ、人気のあるテナント、映画館が入り人が集まり収益が上がる。

丸の内もしかり。
土日には働いている人もいなく、閑散としていたが今やブランド街。
高級品が並び
丸ビルに続き新丸ビルも建設中。

敷地面積が4倍増え、家賃が2倍になる。つまり既存ビルの8倍の収益が生み出されるそう。そりゃ、開発するよな。

再生ビジネスは不動産だけに限らず。ま、身近だと住宅のリフォームもだし。

頭を使って考えるビジネスか。
やっぱり任天堂DS欲しいなと。結論はそこに落ち着いたりして。。
[PR]
by runrunm | 2006-09-03 10:45 | 資産運用
<< 講演会。 うーんと。 >>