世界の企業 ①

時価総額ランキング。
世界の企業の考察シリーズ第一弾
気が向けば更新。気が向くまでの記載でのんびりお勉強。

現在、世界の企業の時価総額NO1がエクソンモービル。

エクソンモービルは、19世紀後半に設立。
当時はエクソンモービルでも、エクソン、でもモービルでもなかった。
スタンダード・オイルという会社であった。

アメリカ企業である。
そう、あまりにも有名。
スタンダード・オイルこそ、あのロックフェラー一族が設立した会社である。ここからロックフェラー族の物語が語られることが多い。
ジョン・ロックフェラーは1863年に会社を設立。事業を次々と拡大した。が、あまりの勢いは当時の政府から独禁法による裁判を。
その後、解体命令から34の新会社に分割された。
その一つがエクソンでありモービルなのである。

1974年、エクソンに改称、その後モービルと合併。
1999年にエクソンモービルコーポレーションに。

世界の総合エネルギー会社として石油製品、石油化学製品を安定供給しているが、やはり石油価格の動向が企業業績を左右。
ここ数年の高値推移は業績を向上させている一番の要因である。

昨年は、M&Aの案件としてこの公共株が目立っていた。ガスやら電気に水道会社。資源株もその傾向がある。
資源の高騰とともに業界での再編成の流れ、今年もまだ引き続いているが今後が注目される。
[PR]
by runrunm | 2006-10-26 22:11 | 資産運用
<< 浜松へ集合 渋谷公会堂 >>