川越に

川越に。
川越は小江戸と呼ばれているが、他にも栃木市、千葉県の佐原市などあるそうだ。

小江戸、名前のごとく江戸の下町の面影が残っていてる街で、小江戸サミットなどというものが1986年に開催されその名が知れ渡ったようだ。

川越駅前は開発が進み蔵作りなどは見当たらない。ということで、この日私は子江戸らしいもはまったく感じずに過ぎた。

誰が詠んだのか
「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と言われている。
有名な蔵の街・一番街にはぜひ次回は歩いてみたい。

また、川越を代表する喜多院は徳川ゆかりのお寺で、「家光誕生の間」「春日局化粧の間」がある。江戸城がから移されたもので江戸城唯一の遺構として残されている。
[PR]
by runrunm | 2006-12-06 23:27 | 仕事&出張
<< 大分に 秩父夜祭 その3 >>