大分に

大分は遠かった。遠かった。
羽田から大分空港へヒトっ飛び。ここまではいい。
大分空港から大分市内にはフェリーで。
大分ホーバー。
b0098780_10522614.jpg
このホーバークラフトはイギリス人が考え多乗り物で、水の抵抗を減らすために艦隊自体を水面から浮かせて走らせているもの。
行きは30分。終日雨のため視界は真っ白。
帰りは40分。波が高くて40分間ゆれにゆれて、グラングラン。
泣きそうな気分になった。

またこのホーバー乗り場から大分駅にはさらに車で、10分ほどの距離がある。
飛行機はとても便利だが、飛行場から市内に入るまでが県によって本当に便利なものと荘でないものの差が激しい。
何とかならないものか。


お土産はアジの丸寿司
b0098780_23293482.jpg


あらあらら。横にしちゃったら。アジはアジだけにまぁまぁ。
b0098780_2330830.jpg



b0098780_23302383.jpg


関サバかまぼこ。フェリー乗り場で乗船を待つおじさまたちがこれを魚にお酒を飲んでいた。
白いものと黒いものがあるみたい。
b0098780_23303879.jpg


大分の感想。
波の高い日のフェリーはこりごりだ。ずっと乗り物酔いが続いている感じだ。
[PR]
by runrunm | 2006-12-07 23:30 | おみやげ
<< 大阪空港 川越に >>