お誕生日のケーキ

携帯も、カメラも家に忘れてしまった。
雨が降ってきた。桜を撮るなら今日だったなぁ。残念。

お誕生日のケーキは有名なジョトォー。何で有名って、並んでいることで有名。
東京では、銀座三越で買える。
今日も案の定、行列が出来ていた。
私が購入したのはホールだけど、ショケースに飾られているケーキは芸術作品。
なんだか、気になる高さだったり、モンブランの上に飴がデコレーションされていたり。
食べるのがもったいない感じ。
待っている間、観察していると陶器で出来たパフェみたいなものを買う人が多かったな。背が高い陶器で何が入っているのか興味がある。
今日はジョトォー四寸を。いわゆるふつーの。オーソドックスなケーキ。とりたてて誉めることもけなすことも無い感じです。ただ、イチゴはごろごろ入っていて食べ応えあり。
写真のかわりに、描いてみた。ヒドイ。
b0098780_045320.jpg

母は、この年度末に生まれた。いつも誕生日プレゼントは悩む。
おととしはバック、去年は傘を。
今年もバックの予定だったが、バックをプレゼントしても使っている様子がなく、欲しいものを聞いてもなかなか教えてくれない。
素敵なネックレスも見つけたけれど、使ってもらえないならと悩む。
結局、判断しかねプレゼントは先延ばし。
うーん。なにがいいのかな。
逆にもらった素敵な食器。ロイヤルダルトンらしい柄模様。
b0098780_10191311.jpg

自分だと、おそらく買わない柄。嬉しい。
b0098780_10192829.jpg


そして、今年1月4日に私の愛する一番最初に勤めた会社の一回り年上の女性がお亡くなりになった。
新社会人として、右も左も怪しい私に対して根気強く指導してくれた。
あの時間があったからこそ、彼女と出会えたからこそ、今の自分がいて、今の仕事をしているのだと思う。
本当に突然のことで、いまだに受け入れられない。
心の中で生きるって本当なんだと、時々思う。
そんな彼女が、箱根のお土産に寄木細工をくれた。
私が会社をやめた後に夕飯を一緒にしたときに頂いた気がする。
今日、実家に行くとなぜか寄木細工が飾ってある。懐かしいと話すと、この寄木細工が数日前に急に出てきたから飾ったとこのこと。
大事に大事に手元に置くことにした。もらったとき、よく触ってすぐに開けることが出来たのに
いまだにあかない。難しいな。開けること出来なかったらどうしよう。
b0098780_10324087.jpg


メモ ロイヤルダルトンは、1815年煮創立。1901年には王室ご用達となり、ロイヤルの名前を会社の製品にすることが許可されている。
エリザベス女王、チャールズのご用達も賜っている。

[PR]
by runrunm | 2007-04-01 00:45 | 休日の過ごし方
<< 金沢へは、米原から。 ここにも春がやってきていた。 >>