芋焼酎の奥の深さ

魔王がボトルでキープできた~。(飲んじゃったからキープしてないけど。)
このお店、森伊蔵もたくさんありあました。店主がくじ運が強いのがその理由と教えてくれました。
こちらが申し込み先
最近では全く持って値段が高騰しているが、ここで抽選で当たれば定価(送料込みで関東の場合は3865円。いかにプレミアムがついてしまっているのかがわかる)で購入が出来るのだ。そうそう、福岡空港では売店で森伊蔵のショット売っていた。
b0098780_23482325.jpg


芋焼酎との出会いは2000年ごろだったか。それまでは、飲む機会もなかった。
お店は丸の内線淡路町駅から15秒といったところにあったのだが、名前が思い出せない。大きな花瓶、そして生花がとても印象的だったのだが。
一番最初に飲んだのが、佐藤の黒、そして森伊蔵、村尾。
今考えると、最初に美味しい芋焼酎とであったから好きになったんだと思う。(お酒なら何でもいいわけではない^^;説得力はないが)
私のお気に入りは、こちら
★佐藤 黒、★村尾、、★薩摩茶屋、★中村、★幸蔵、★伊佐見、★白波 黒

当時は、まだ佐藤の黒、村尾酒造各種も少しいも焼酎に力を入れている酒屋さんにめぐり合えば割と簡単に手に入りました。

今まで飲んだことのある芋は、
村尾, 森伊蔵 佐藤黒 魔王 たちばな 大魔王 明るい農村 海 霧島町蒸留所 白 霧島町蒸留所 黒 九耀 薩摩茶屋 千亀女 芋 蘭 我は海の子 石蔵 赤霧島 貴匠蔵 玉露 黒甕 黒霧島 くじら 幸蔵 さつま司 千夜の夢 鉄幹 三岳 伊勢錦金山 甕幻 石の蔵から 一刻者 芋 黒伊佐錦 黒七夕 蔵の神 小鶴 小鶴くろ さつま大海 さつまの海 桜島 白波 白波(黒) 紫尾の露 七夕 国分 五代(特黒)
[PR]
by runrunm | 2007-05-10 23:50 | きゃっ!
<< 米子への道のり そうそう祭りの日に作った燻製だ。 >>