日経平均18000円をつける。

日経平均は、3ヶ月ぶりに18,000円をワンタッチ。
2月末におきた米国インフレ懸念や上海A株市場が急に注目されたことから起こった世界同時株安は3月中旬にはアジア株全般が戻し、決算の出揃ったアメリカも最高値更新。日本市場はそのあとをといった雰囲気も否めないがようやく18000円タッチか。
動きの少ない金曜日だったが、

そんな前日にタイコム証券が 業務停止というニュースがあった。
業務一時停止などについてに詳細があるが、要は6月8日より一部業務を停止。
停止されるのは、信用取引/先物・オプション取引の新規建て注文の受託、株式現物取引の買付け注文の受託、新規口座開設、株券の預託。
その理由は、システムの再構築の為としている。

タイコムというと、非上場の証券会社だが、先物の手口で2004年ごろか2005年ごろか記憶はあいまいだが見慣れない業者の玉の多さに驚いた記憶がある。
とくにSQが近づくごと建玉の増加があり、???
私がタイコムという証券会社を知ったのは、先物の手口からだったわけだが、
急な業務停止は何故なのだろう。

OHT(6726)の株価と関係があるとも?80億の損害から資金ショートあえなく業務停止という、あくまでもうわさ。真相は知るよしもありません。いきなりの業務停止は、さまざまな憶測を呼んでしまい怖いです。

OHT株価チャート
OHTjは、広島に本社がある、電気検査装置の企画・開発・製造・販売などを行っている会社で、東証マザーズに2003年4月に上場している。
b0098780_12181319.gif

[PR]
by runrunm | 2007-06-02 12:20 | 株式市場
<< 器が届きました。 ソテツの芽が出る。 >>