ブラックストーン上場

ブラックストーングループが22日に、ニューヨーク証券取引所に上場した。
資金調達は、41億ドル以上。

この規模は、新規上場で過去6番目の大きさ。
ブラックストーンは、エクイティオフィス・プロパティーズを買収したことは記憶に新しい。

アメリカのプライベートエクイティで代表的なブラックストーングループは、1985年にリーマンブラザーズを退職したシュワルツマンが創業。
少数僭越で、いまのM&Aの潮流に。

上場資金はあらたなM&Aに結びつくのだろう。

中国も外貨準備金を米国債を売りながらも、ブラックストーンには30億ドルの出資をし、
世界的にリスク嗜好が伺える。

さて、中国は次にどこに投資をするのか。
[PR]
by runrunm | 2007-06-25 22:48 | 資産運用
<< ビリー 蘇鉄の威力 >>