ブルドックについて。

ブルドックソース。経営者には嬉しい判決だとは思うけれど。。
東京高裁が、。「投資ファンドという組織の性格上、顧客利益を優先、短中期的に株式転売などでひたすら自らの利益を追求する存在」として、「企業価値、株主共同の利益を毀損する濫用的買収者」と認定した。

どうでしょうか。
ようやく、日本のマーケットも先進諸国並みに成熟期に入ってきたのでは、と考えていただけに、この判決は、いかがなものなんでしょうと、
思ったしだい。

長期的に見た場合、株主やそして従業員にとってももしかしたらブルドックソースの採った対抗策というのが本当に正しかったのか疑問なのではないでしょうか。

だから、日本の株式市場が世界の市場と比べても出遅れてるんだと改めて思うしだい。
9日月曜日は、7年2ヶ月ぶりに日経平均は高値更新しましたが。(TOPIXはまだ高値更新していない)

ちなみに、10日(火)ようやく値がついた。(S安、売り気配で終了) 5日の終値が1,365円、今日の終値は825円。
あくまでも単純な理論価格から言うと、1株が3株になるので341円。
[PR]
by runrunm | 2007-07-10 21:30 | 株式市場
<< 盛岡で冷麺。 生まれてから4日目。 >>