残暑厳しい松山に。

坂の上の雲ミュージアムは、昨年11月に竣工、4月に開館したばかりの施設。
今日こそ、と思ったもののまたしても、休館日。
行けば、がっかりという数人のタクシー運転手さんの批評はさておき、見学したい気持ちはまた次回に延期となりました。
タクシーの運転手さんが口をそろえて言うのが、展示物がまだまだ物足りないということ。
坂之上の雲は司馬遼太郎氏によって昭和43年から47年にかけて産経新聞に掲載された小説。松山出身の正岡子規と秋山好古、真之兄弟が主な登場人物。
このミュージアムは、NHK「スペシャルドラマ」で初のテレビドラマ化、ついでに3年ほどらしいが、これが発端となり出来上がったらしい。ちなみに平成21年、秋ごろの予定だそうだ。

ミュージアムでは、資料情報を募集しているようだ、明治時代に関するものや、やはり秋山兄弟などに関して。少しずつ集まるといいな。
建物は、建築家・安藤忠雄氏による設計。機会があればやっぱり一度訪れたい。
b0098780_2241441.jpg


お土産は、最近お約束の宇和島産じゃこ天&鯵じゃこ天。そしてうどん。
b0098780_22411721.jpg

[PR]
by runrunm | 2007-08-27 22:55 | 仕事&出張
<< なんば 横田基地の友好祭 >>