巾着田の100万本の曼珠沙華 

巾着田(きんちゃくだ)
スゴイ名前の地名だが、名前の由来はこの土地が巾着の形に似ているからで、地形を上から見るとよくわかるらしい。

曼珠沙華では日本一とのことだが、
今まで全く、その存在さえも知らなかった。

場所は、埼玉県。西武池袋線の高麗(こま)駅というところから徒歩10分程度で着く。

お昼過ぎに到着したときにはすでに小雨。
雨にもかかわらず訪れている人も多く、バスツアーも組まれていたようだ。

曼珠沙華は彼岸花とも。彼岸花が、別名として曼珠沙華なのかな。
どちらか知らないのだが、有毒な花でもある。
異名に、幽霊花、死人鼻、剃刀花とか恐ろしいものもあるようだ。


川に咲く曼珠沙華。 わぁ、と近寄ってパシャパシャ。
これ、思いっきりどなたかの悪戯でした。わざわざ、生えているのを切って石止めして固定をしているようでした。
もしかしたら、撮影用にわざわざ?
b0098780_17391385.jpg

かなり、近寄って写真を撮っている人がいました。私もその一人か。
b0098780_17481343.jpg

b0098780_17515864.jpg


と、今日はたくさんの写真を撮ったので少しずつアップする予定。

駅から巾着田に向うまでに。
b0098780_17422298.jpg

入場料は200円。
入るまでにも右側には咲き乱れ、どんどん気持ちが高ぶります。

b0098780_17503837.jpg

[PR]
by runrunm | 2007-09-23 17:45 | 仕事&出張
<< 赤のじゅうたんが広がる巾着田 北の丸公園 >>