ファイヤーキング、、購入

美味しいコーヒーが飲みたかったので、ずっと気になっていたコーヒー豆専門店に。

お勧めされたキューバ産を購入。
お店には、ファイヤーキングのほかにも1940,1950年代のホーロー鍋やグラス、カップなど多数。

ファイヤーキングは、アンカーホッキング社が1940~70年代に生産した食器で、頑丈、割れないという耐熱ガラスが米国で大人気になったもの。ちょうど電子レンジも普及していたから人々のニーズにマッチした食器だったわけだ。1976年には製造が中止されているから余計にマニアがいて、高~い値段の食器も。

マニアが増えたのは、マーサ・スチュアート(カリスマ主婦として有名になったものの、インサイダー取引で2004年有罪)が、コレクターだったためとも言われている。
日本での人気も拍車がかかった模様。

数万円するコーヒーカップもある。もっともコーヒーカップのみならず、その種類は多い。中でも生産量が少なかったレアとされるものは特に高い。(当たり前か)

つい、買ったお皿がこちら。
b0098780_21153499.jpg

中はこんな感じ。
b0098780_21155738.jpg

そして、外観がこちら。そう、人気が無いというこの色。
1000円で売っていました。
b0098780_21161693.jpg


キューバコーヒーと器
b0098780_0393236.jpg


中米、カリブ海では、ほとんどの国でコーヒー豆が生産されている。
その中でもキューバは、クリスタルマウンテンという高級豆が知られる。 シェラマエストラ山脈のある斜面でコーヒーが栽培されているそう。
[PR]
by runrunm | 2007-10-20 21:30 | 休日の過ごし方
<< 五反田駅の像 神戸も雨だった。 >>