カテゴリ:資産運用( 19 )

考察 地方取引所 札幌取引所 

存在意義を含めて地方取引所の考察をしてみよう。
神戸証券取引所は、1967年に廃止。広島および新潟証券取引所は2000年月に東京証券取引所と併合合併。2001年3月には京都証券取引所が大阪証券取引所に併合されている。

世界との比較、グローバルかもさることながら
東証の占有率がほぼ占める日本の証券取引所において
現在福岡証券取引所・札幌証券取引所が地方取引所として存在する。

東証・大証・名証(名古屋証券取引所)は3市場の分類になっている。ま、名古屋も地方取引所にカウントしたほうがいいかな。

第1回目は、札幌証券取引所
ちなみに占有率だが、ナント0.4%だ。


1949年に設立され、1950年4月から取引が開始。
現在86社が上場。そのうち札幌証券取引所に単独上場しているのが19社である。

単独上場している札証銘柄は
北弘電社、ミサワホーム北海道、北海道電気工事、日糧製パン、豊平製鋼、ロジネットジャパン、北海道中央バス、ほくやく、中道機械、クワザワ、アース、中道リース、キャリアバンクの13社。
単独上場銘柄の8月の売買金額は2億1千8百万円だ。個人投資家がワンショットで平気で売買できる金額が月間の売買金額なのだ。
他に、


また、あまり知られていないが”アンビシャス”という新興市場も平成12年4月に開設されている。
もちろんクラーク博士の「Boys,be ambitious!]からなじった名前。
北海道内の企業を支援する市場であり、高い成長の可能性の有る企業ということで上場審査基準もたとえば、純資産1億、上場時価総額が3億円以上とか、営利が赤字でも今後向上できればよいなど札証より基準が緩やか。

現時点では、イージーユーズ、健康コーポレーション、ゲームポット、エコミック、アルファトレンド・ホールディング、ナノテックスの6社が上場している。

アンビシャス単独上場の8月の売買代金は52億9千9百万円。ふう。少ない。


先日、北海道銀行は道内総生産を下方修正した。
不動産価額など16年ぶりに3商業都市での値上がりが確認されているが、地方経済の苦境は続いている。
特に公共投資が減少し北海道経済はなかなか回復していないのが現状のようだ。

通信技術の飛躍的な発達もしかり、世界の取引所も集中・統合が進んでいる中、存在意義はあるのだろうか。

特に企業はこの10年近くリストラを繰り返し筋肉質な体質に変化する中で、重複証券取引所上場についても見直しを進めてきた。
2003年には札幌証券取引亥所においても53社が上場廃止になった。

地方の直接金融の役割はある。
が、自力で流通市場を維持することは難しい今、抜本的な改革が必要であろう。
私自身は、必要ないと考えている地方証券取引所なのだが、
その一方、一極集中でない窓口があるべきとも思いもあり、地方証券取引所があるために一部企業が成長力を高めている事実も捨てがたい。。
[PR]
by runrunm | 2006-09-24 09:09 | 資産運用

再開発、再生ビジネス

東京・名古屋・福岡などの商業都市の公示地価が16年ぶりにプラスになっている。
不動産投信、リートによる優良物件購入も大いに貢献しているわけだが、

バブル時の不動産売買のように買って高く売るというビジネスではなく、買って儲かる仕組みを作るという動きである。

この動き株価が動き出した2003年頃を観察するといい。
まず、六本木ヒルズ。これが2003年の開業だ。
最近では楽天も品川にオフィスを移るなど、ライブドア事件があってから少し縁起の悪いビルとささやかれてもいるみたいだけど。
人気の有るビルに仕上げ、人気のあるテナント、映画館が入り人が集まり収益が上がる。

丸の内もしかり。
土日には働いている人もいなく、閑散としていたが今やブランド街。
高級品が並び
丸ビルに続き新丸ビルも建設中。

敷地面積が4倍増え、家賃が2倍になる。つまり既存ビルの8倍の収益が生み出されるそう。そりゃ、開発するよな。

再生ビジネスは不動産だけに限らず。ま、身近だと住宅のリフォームもだし。

頭を使って考えるビジネスか。
やっぱり任天堂DS欲しいなと。結論はそこに落ち着いたりして。。
[PR]
by runrunm | 2006-09-03 10:45 | 資産運用

高配当の魅力②

高配当株。
日本の配当性向の平均は21%くらい。つまり会社の利益のうち20%程度を投資家に還元している。
ところが欧州では40%を越す配当性向である。
アメリカも実は低く28%だ。

これはどういうことか。
アメリカも80年代は配当利回りが5%程度であったが、その後1%台にさがり現在は2%ほど。
配当による利益還元をするのではなく、利益を再投資することによってより利益を生み出すという経営手法が主流だったからだ。
ところが、たとえばマイクロソフト。
1856年上場以来、1セントたりと配当をしていない会社だ。成長は続け、株価も続伸した。2004年ようやく1株3ドルの配当をだした。総額3,3兆円ほど。
この額2003年度の東証全上場銘柄の配当額と同じほどだ。やはりすごい。
では、なぜ配当を出すようになったのか。
アメリカでも減税法がまずあった。従来配当課税は36%を超えていたがこれが08年まで15%ほどに下がったこともひとつの要因だ。
そして何より投資家の変化もある。
ITバブルが崩壊し、投資家は成長し株価の利益を求めるのではなく配当を含めたトータルリターン。つまり絶対利益を求めるように変わったということだ。
また、日本で北越、フタタと続いているように企業買収にも過敏になっている点もあるだろう。いかに自社の株価を高くするか、そしていかに投資家に長期的に保有してもらえるような魅力的な株式にするか
真剣に考え始めているからであろう。
景気が停滞するとたいてい高配当は注目されるからということもある。
[PR]
by runrunm | 2006-08-28 22:57 | 資産運用

高配当株の魅力(^・^)

ここで書くのもどうかと思うものの。。。
ま、自分のそのとき思った記録を残すためのツールだから
ヤッパリ書いておこう。

ピクテという運用会社のピクテ・グローバルインカムファンド。グロソブに真似てかグロインというらしい。
これが純資産を9800億円を超えた。
先月末から比較しても900億円以上の純流入となっている。

この投信、要は、世界の高配当株式の中で公共株、公益株(水道・ガス・電力会社など)に投資をするものだ。
売っている販売会社はなーんと41社。毎月毎月販売会社が増えている。
05年2月末に運用が開始されたことを考えると、じわじわ着実に伸び率が非常にいい。
やはり販売会社が地銀・第二地銀・弱小証券だからなのかもしれない。
値上がりして売るという行為もなく着々と純資産を積み上げているような状態だ。

人気があるからだ。
毎月分配型ファンド。25兆円を超えている。
そう、グロソブがその中でも5兆円以上を占めているわけだが
他の多くのファンドの動向も見過ごせない。

やはり人気なのだ。
!!!!

私にしてみればこの毎月型というしくみ。そりゃ、毎月分配を受け取れる仕組みだがデメリットのほうが多いと感じてしまうが。
ま、
投資家が納得して購入しているなら
どうでもいいが。

で、続きはまた次回に。あとまわし(^・^)
[PR]
by runrunm | 2006-08-26 22:33 | 資産運用

REIT

REIT Real Estate Investment Trust
つまりReal Estate 不動産 Investment Trust投資信託

株式のように上場している。もちろん株式と同じく非上場のREITもある。
REITの価格形成要因は
株式や債券とは異なる。それは収入が家賃になる。
つまり、賃料収入を投資家に分配することが出来る仕組みであり

REITの値動きは他の資産と異なる動きをする。

日本ではオフィスビルなどが多いが
海外に目を向けると
刑務所などのリートもある。

刑務所???
つまりこうだ。たとえば、米国では刑務所の運営管理は民間に委託している。そして、、
景気が悪くなると犯罪が増える。
刑務所に人が集まる。
賃料が上げられうかもしれない??
それはおいといて賃料を払うのは政府であり安定した収益となる。

他には山林のリート、鉄道リートもある。
これらは50-100年単位で賃料契約をするわけだが
山林の場合はこの間森林業者は木を売ることが出来る。
鉄道リートは、線路や倉庫だったり。

いやいや証券化は面白い。
[PR]
by runrunm | 2006-08-12 12:38 | 資産運用

M&Aといえば

M&A。
日本でもここ数年活発に行われている。

敵対的買収など日本の風土に合わないためクローズアップされることが多いが、

世界では今、REITのM&Aも注目されている。

REIT。
日本のJ-REIT
つまり東証に上場している不動産投信は2001年9月から。まだ5年余りの新しい市場だが、アメリカにおいては1970年、オーストラリアは1961年とそこそこの成熟市場である。
また日本の総額は4兆円弱だが、アメリカはそのおよそ10倍もの市場規模である。

またまたイギリスでは2007年1月にリート市場が開設されることが決まっている。
そして2007年12月末にはその規模は6兆円と試算もされている。

ではこのREITのM&A状況だが

アメリカでは昨年9件行われた。

つまり不動産の物件を買うよりもREITのほうが安いからである。

なお買収価格もそれをあらわすように

REITの価格に20%以上のプレミアムがついている。

米国のREIT市場の過熱感が指摘されているが、このM&Aの状況から言われているほどのことでないことがわかる。
[PR]
by runrunm | 2006-08-12 11:55 | 資産運用

北越製紙は第三者割当増資実施。

敵対的買収。
今年に入ってからはオリジン弁当に敵対的買収をしようとしたドンキホーテが記憶に新しいが、ライブドアのニッポン放送株取得、スティルパートナーズによるソトー、ユシロの大幅な増配など2000年以降数件あったが、今回ほどの大きい案件がこの時期に出るとは。。
やっぱりだ。

製紙業界はこのところの資源高で経常利益率が各社上がっている中苦戦業界。

原油の高止まり感が強い中やはり、業界内の組織見直しがあって当然と思うが、北越の石頭と。かなり外野から眺めているとそんな気分になる。

そして今日の
一株あたり607円での第三者割当増資。三菱商事がこれで筆頭株主になったわけだが、防衛策としてこれしかなかったのかもしれないが
株主への説明責任はどうするのかな。

合併のメリットはやはりシナジー効果。
複数の経営資源を結合して相乗効果をねらう。公取の記事をどっかでそういえば読んだな。このクラスの合併だとそのあたりが難しそうだ。

デメリットはヤッパリ人かな。人員整理はあるだろうしリストラによる勤労意欲の低下、優秀な人材の流出もそうだろうな。

日本で一件も成功していない敵対的買収だが、アメリカはファイザーの成功例が有名。
買収してからの業績が良かったわけだが、
ファイザーはワーナーランバート社とリピトールという薬の販売で業務提携をしていたが、ワーナーランバートがアメリカンホームプロダクト社との合併を発表したため合併無効の裁判(そういえば住信の合併に関する裁判はどうなったんだろう)など、ま、いろいろもめたが、結果は
ファイザーが提示価格を承認、合併が成立。
キャップウェイトにおいて世界一の薬品会社に。
薬品事業は、研究、開発などシナジー効果が良い方向として出た好例。日本もそういえば2002年当たりごろから医薬品業界の再編が著しい。が、、最近、新しく変わった名前から昔のな目を思い出すのが一苦労だ。

うーん。眠くなったのでもうやめた~。
[PR]
by runrunm | 2006-08-07 23:41 | 資産運用

グロソブ 考察1 

国債投資顧問が運用会社で販売金融機関はすでに、、、証券会社、地銀含め168社である。
そしてその純資産額は、、
5兆3458億円だ。

定期分配型ファンドは3ヶ月、隔月、毎月と決算を行える仕組みを持っている投資信託であり決算ごとに分配をすることが可能なものなのだが、
この定期分配型ファンドの純資産額が現在25兆円超。そしてその中の毎月分配型ファンドは20兆円を超えている。。。


そうしてその20兆円のうちの5兆円以上が国債投資顧問のグローバルソブリンオープンという商品なわけだ。

日本で一番のビックファンドであり、97年12月18日に設定されている。
ソブリンというのは国が発行する国債や政府機関際のことだがこれら信用格付けの高い債券に分散投資するのがこのファンドの特徴。13カ国に投資をしているようだ。もちろんアメリカドルだけでなく複数の通貨への分散投資もできている。
格付けの高い先進国に投資をするわけだが、やはりそこには為替の影響を受ける。

円安ならば為替の差益が。
円高ならば為替の差損が。

債券ファンドなので、値動きが大きくリスクのある商品でないとか、いまだに債券ファンドだから長く持てば元本に戻るぐらいに考えていると痛手を食う。

分配をもらえば言いというものではない。
現在基準価格は7000円台。
1万円で設定されているのにだ。
よく、タコ足配当なのではということを心配する人もいるが、分配の仕組みは
インカムという債券で言うクーポンと、キャピタルという債券でいうと債券価格の値上がりと為替の差益という二つが配当原資になり、過去これがつみあがっていれば
この中から配当を出すことは
基準価格が下回っていても可能なわけだ。
ただし、
配当原資部分が空っぽになれば配当は支払えなくなるということにもなる。

グロソブも、債券価格が大きく値下がりしなかったとしても為替で差損を大きくこうむれば
やはり毎月の分配金額の減少そして0ということも考えられるわけで、

5兆円ものビックファンドに投資をしている
投資家がこのあたりを理解しているのかどうか。疑問である。

ちなみにこのファンド、トータルリターンでいうと現在 3ヶ月で-0.1%、6ヶ月で -0.8%、1年 で4.4%である。

ところで、今日、この国際投信のHPを見ようとしても開けない。。。なんでなんでしょう。
メンテナンス中かな。。
[PR]
by runrunm | 2006-07-22 14:04 | 資産運用

グロソブの勢い

投資信託は日本のマーケットに2600以上あるといわれている。
これは公募投信の数。
村上ファンドのような私募投信は含まれない。

私募投信は誰でも投資できるわけではないが

公募投信は誰でも証券会社や銀行、郵便局など販売会社から買えるものだ。

1995年には6300本余りあった。1985年から徐々に増え始め、バブル崩壊によって95年をピークに減少。2000年以降は2500本前後で推移している。


こんな前置きはさておき

グロソブだ。

グロソブは
グローバル・ソブリン・オープンの略。

国際投信が運用する投資信託だ。
なんとこのファンドの純資産学は
5兆円を超えている。

株式投信全体の平均が130億だから驚く金額なのがわかる。(これを比較するのは変かな)

販社に行くと薦められた人も多いんじゃないかな。それからみんなが持っているから買ってみた人もいるのかな。
やっぱりこういう金融商品も日本人独特の多数の人が持っているから売れるという構図は変わらないんだなと思う。

毎月分配。
これがチャームポイントだ。

私は毎月分配が好きでないのでどうかと思うが。

これが人気に拍車をかけたのも事実。

またまた気が向いたらアップしようと。。


国際投信HP
[PR]
by runrunm | 2006-06-10 19:26 | 資産運用