カテゴリ:株式市場( 10 )

ハンドルネームは「B・N・F」


日刊スポーツの記事から(引用:http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20081028-423556.html)

ジェイコム男、株大暴落でも25億円の儲けだそう。

→ いやいやすごい人だな。


 05年のジェイコム株誤発注騒動で巨額を稼ぎ話題になった都内の個人投資家「ジェイコム男」こと「B・N・F」氏(30)が、最近の株価大暴落の中でも資産を増やし続け、今月中旬には一時、昨年末から約25億円多い「資産総額約210億円」に達していたことが27日、分かった。現在も資産総額約200億円。今月には東京・秋葉原駅前のビルを約90億円で「1棟買い」し不動産に進出していたことも判明。世界的金融危機の大嵐の中、カリスマトレーダーは“1人勝ち”していた。

 B・N・F氏によると、同氏の現在の資産総額は株、不動産合わせて約200億円。日経平均株価がバブル崩壊後最安値を更新した27日も無傷で、前週末比プラスで終了した。株価が大暴落を続ける中、資産総額が過去最高を記録したのは、日経平均終値が前週末比約1171円高となった今月14日で、その日に計約210億円に達したという。

 同氏は昨年12月初めの時点で資産総額約185億円だった。米国のサブプライムローン問題に端を発した世界的金融危機の嵐が吹き荒れ、大手金融機関も次々経営危機になる中、同氏は利益を着実に出し続け、昨年末以来、資産総額で最大約25億円を増やしていた計算になる。同氏は今年の取引について「『かなり順調』ではないですが(総資産は)増えています。こんな暴落は今までに経験がないので、少しでも油断するとあっという間に10億、20億は損しそうなので、かなり相場に集中しています」と述べた。

 ただ、何度か「ミス」もしたという。9月に入って米国株の取引も始めたが、米大手証券会社リーマン・ブラザーズ株が急落した際に約7億円分購入。しかしその直後の9月15日に同社の経営破たんが発表され、損失を出した。また先週、日本株で油断した売買をし、約5億円の損を出したという。「(今年の日本株取引では)この5億円の損が最大です。また、米国株はほかの銘柄で利益が出たので合計はプラスになりましたが、日本株との両立はきついので今はやめています」(同氏)。

 また、同氏は最近“アキバ不動産”投資に乗り出していたことが分かった。同氏によると今月、秋葉原駅前のビルを約90億円で購入した。現在の資産総額約200億円のうち、約90億円分がこのビル。現在の株の運用資金は約110億円という。同氏はビル取得の理由について「駅前の物件を個人が買うのは、市況がいい時では難しいと思ったので、めったにないチャンスと思いました」と話した。

 最近、ネット上の個人投資家らの間で、株価暴落をめぐり、同氏の「巨額損失説」「退場説」など根拠なきうわさが多数流れていた。しかし実際は、カリスマトレーダーは健在だった。
[PR]
by runrunm | 2008-10-29 20:02 | 株式市場

日経平均一時7000円割れ

。。。
そうか、6000円台に突入か。
昨日、市場安定化策が発表されたものの、反応なし。
確かに、空売りが下げ相場の拍車をかけているのは事実だけど、空売り規制には反対。
市場を規制する方法はあまり先進的なものでないと考える。

規制すれば下がらないかというと、そんなことはないわけで。
手続きがめんどくさいだけだ。
(東証への空売り訂正など雑務も増えるとも)

一時しのぎの対策というのが、この空売り規制の内容についても露見。
[PR]
by runrunm | 2008-10-28 19:28 | 株式市場

また株が下がってる。

7月27日(金)日経平均終値は、17283円。10日前の7月17日、18217円であるから、短期間でその下げ幅は、5%以上。

アメリカのサブプライムローン関連からの売りといわれているが。
サブプライムローンとは。
低い信用力の個人向けローンといわれている。低所得者向けとか、カード会社のブラックリストにある個人向けのローンということだ。
要は、銀行では借りれないため金利が高いが、お金は貸してくれるというのがサブプライムローンだ。
通常、始めはそれほど高くない金利で設定され、その後10%を超える金利になる。
高い金利になる前に優遇ローンなどに乗り換えれば問題ないが、借り換えができないと返せない個人というのが多発するということだ。
アメリカの住宅市場の価格は昨年から低迷しているため、この返せないという個人が増えているという現状が背景にある。つまり、購入した住宅が値上がりすれば担保価値も上がるという構図が逆に値下がりしてしまったために売っても損、ローンの借り換えも出来ないという状態。また、とりあえず借りてね、という業者の思惑に、貸してくれるなら喜んで、という個人の一致もその背景だと思う。
昨年12月辺りから、ちらほらそのニュースが話題になり、そのたびに株式市場も一喜一憂。加えてリート市場も影響を受けている。3月にもこの問題で一時アメリカの株式市場は調整したものの収束、6月にはアメリカの大手証券の参加のヘッジファンド2社が、サブプライムローンを証券化した資産を保有し、それが焦げ付いたために破綻したのではということから市場が混乱。
一時、騒ぎが収まったももの先週になり、このベアスターンズという証券会社のコメントや、他にも多くの住宅金融機関が破綻するニュースが相次ぎ
余波が広がっている。

円も金曜日の早朝118円02銭に一時はいるような急速な円高に。
これは、円キャリートレード巻き返しといわれるように、リスク資産からの回避で売っていた円を買い戻している動きなのだろう。

今後だが、
サブプライムのその性質上、あとから露見する事実が多い。よって、住宅指標など中止しなくてはならない経済指標はあるが、市場にしめるサブプライムローンの額から考えると超短期ではないにしろ、ある程度で落ち着くのではないか。
また、ドル円については円を外貨の資産に換えるニーズがかなりある現在は短期的な調整になるのではないかと思うが、楽観的か。

そうそう、先週は野村HDがこのサブプライムローンでの損失が700億円以上になったことを公表したが今後も邦銀の動きは気になる。
[PR]
by runrunm | 2007-07-29 11:25 | 株式市場

ブルドックについて。

ブルドックソース。経営者には嬉しい判決だとは思うけれど。。
東京高裁が、。「投資ファンドという組織の性格上、顧客利益を優先、短中期的に株式転売などでひたすら自らの利益を追求する存在」として、「企業価値、株主共同の利益を毀損する濫用的買収者」と認定した。

どうでしょうか。
ようやく、日本のマーケットも先進諸国並みに成熟期に入ってきたのでは、と考えていただけに、この判決は、いかがなものなんでしょうと、
思ったしだい。

長期的に見た場合、株主やそして従業員にとってももしかしたらブルドックソースの採った対抗策というのが本当に正しかったのか疑問なのではないでしょうか。

だから、日本の株式市場が世界の市場と比べても出遅れてるんだと改めて思うしだい。
9日月曜日は、7年2ヶ月ぶりに日経平均は高値更新しましたが。(TOPIXはまだ高値更新していない)

ちなみに、10日(火)ようやく値がついた。(S安、売り気配で終了) 5日の終値が1,365円、今日の終値は825円。
あくまでも単純な理論価格から言うと、1株が3株になるので341円。
[PR]
by runrunm | 2007-07-10 21:30 | 株式市場

ブルドックとスティール

ブルドックソースは名前のとおりソースの会社。ある調査によると日本におけるソース市場のシェアの3割弱の売り上げがあり、業界トップだそうだ。
ただし、ソースの市場自体が1000億円も届かない小さいものだが。

スティールパートナーズは2000年以降、内部留保金が多く株主に対し還元していない=つまり経営資源を有効に活用していない企業を中心に市場にて株式を購入しているアメリカの投資ファンドだが、今年5月にブルドック社株のTOB=公開買付けを開始することを発表し、ブルドックは大慌てという経緯がこの1ヵ月半の出来事。

敵対的買収に経営者はなんとしても避けようと思う気持ちはわかる。
また、敵対的買収が日本の風土に合っていないもわかる。

日本に株式市場が設立されて数十年。バブル崩壊、デフレ脱却を経た今、ようやく経済も企業そして、株式市場も成熟した。

いや、しているはずなのに。
不正会計やらなにやら。実際には未成熟だ。市場の上場基準などまだ新興国市場の一面も。
ま、だからこそ世界の株式市場の中でも日本の市場が出遅れている理由なのだと思うが。

ブルドック社は、敵対的買収に対して、新株発行を発表した。
これは、24日の株主総会で敵対的買収の防衛策が株主から承認され、決議されたこと。

敵対的買収をそれほど避けたいのであれば、経営者は事前にその策をとるべきだったのではないか。資源が事業に本当の意味で十分有効に活用されていたのか、株価が企業価値に対して割安であったのは、なぜなのか。東証2部でも売買高を増加させる様な方策を考えていたのか疑問である。

経常利益が11億円ブルドック社。
の今回の防衛策は、株主利益を考えない過剰防衛ではないのか。新株を発行することで実質的な1株当たりの価値は下がる。
株主の2/3以上が賛成し決定された事項であることは間違いないが。

今後、正常な企業価値と株価を形成していない敵対的買収案件は増加するであろうし、日本においても成功事例がでてくるのであろう。
[PR]
by runrunm | 2007-07-01 12:17 | 株式市場

ウォレン・リヒテンシュタイン

ウォレン・リヒテンシュタイン氏。41歳。
日経ネットより

b0098780_23465478.jpg

とうとう、現れた。
外出先で、証券会社のテロップのニュース記事から知った。

日本の投資家へのメッセージということで代表自らの記者会見。驚いた。

4月に韓国で記者会見をしているが、とうとう日本でも。

ウォレン・リヒテンシュタイン氏は、1993年にスティール・パートナーズを設立し、これまでに
数十件のM&Aをこれまで成功させているといわれている。
日本においては、2002年ソトー、ユシロでその名前が知られた。
内部留保金の多い企業がその対象となることが多い。
[PR]
by runrunm | 2007-06-12 23:49 | 株式市場

日経平均18000円をつける。

日経平均は、3ヶ月ぶりに18,000円をワンタッチ。
2月末におきた米国インフレ懸念や上海A株市場が急に注目されたことから起こった世界同時株安は3月中旬にはアジア株全般が戻し、決算の出揃ったアメリカも最高値更新。日本市場はそのあとをといった雰囲気も否めないがようやく18000円タッチか。
動きの少ない金曜日だったが、

そんな前日にタイコム証券が 業務停止というニュースがあった。
業務一時停止などについてに詳細があるが、要は6月8日より一部業務を停止。
停止されるのは、信用取引/先物・オプション取引の新規建て注文の受託、株式現物取引の買付け注文の受託、新規口座開設、株券の預託。
その理由は、システムの再構築の為としている。

タイコムというと、非上場の証券会社だが、先物の手口で2004年ごろか2005年ごろか記憶はあいまいだが見慣れない業者の玉の多さに驚いた記憶がある。
とくにSQが近づくごと建玉の増加があり、???
私がタイコムという証券会社を知ったのは、先物の手口からだったわけだが、
急な業務停止は何故なのだろう。

OHT(6726)の株価と関係があるとも?80億の損害から資金ショートあえなく業務停止という、あくまでもうわさ。真相は知るよしもありません。いきなりの業務停止は、さまざまな憶測を呼んでしまい怖いです。

OHT株価チャート
OHTjは、広島に本社がある、電気検査装置の企画・開発・製造・販売などを行っている会社で、東証マザーズに2003年4月に上場している。
b0098780_12181319.gif

[PR]
by runrunm | 2007-06-02 12:20 | 株式市場

いつでも、とばっちりは日本株市場。

2月28日、上海で株式指数が9%弱を下落、時差とともに、欧州・米国その余波が広がった。その後、米国の株式市場は非常に軟調だが、アジア株式のおいてはやや戻す感もあった。

そんな状況の中、日本の株式市場は5営業日の間に、日経平均で8.6%下落した。この短期間によくもまぁ、10%弱も下げたものだ。

今日の終値は日経平均で575円安、なに、たかだか3%安くなっただけだ。でもこの価格変動率も、日本の市場がエマージング市場の一員だと世界に認識させてしまう数字なのかもしれない。
そして、個人投資家心理をかなり冷やしているのかもしれない。たかだか3%だ。中長期にみれば些細なことかもしれないのだ。
また、明日からもっともっと下がって些細なことでなくなる可能性もあるが。

日本の金利は昨年、3月解除を宣言。そして7月に金利復活、2月にはさらに0.25%の政策金利を上げ0.5%となった。
金利がゼロという経済環境がおかしかっただけだ。バブル崩壊後、景気はなかなかそこを打たずに金利を引き下げても下げても効果が現れなかった。
ようやく、2002年から回復をはじめ現在戦後最長のいざなぎ景気を超える長さの景気回復となっている。
この金利復活。
どうも、
悪代官にされそうな雰囲気たっぷり。
というのは、思い出してみると昨年の3月金利解除宣言してから4月17日を高値に6月中旬まで日本の株価は下がった。そして、今回利上げ後のこの株価の状態だ。
今回きっかけが、昨年世界の市場でもっとも上昇した中国株式市場の一時的な株価調整だったとしても、この日本の利上げがにほんの株式市場に対して首を絞めたのかもしれない。

しかしながら、企業業績になんら変化は無い。為替が121円台から115円と短期的なぶれについての注力はもちろん必要であるが、今は絶好の投資のタイミングとして傍観したい。

私が社会人になってから、下がる下がるの相場。下がることにはおおらかなのが私の特徴なのかもしれない。

みんなが、もう、だめだ~。と思ったときが買うチャンス。ということはまだかな?どうかな?だから相場は難しい。
[PR]
by runrunm | 2007-03-05 21:07 | 株式市場

福井総裁の今後

かなりシリアスな福井総裁スキャンダルだ。だって、というのも今年の3月9日に量的緩和に踏み切った日銀。

なのに、2月にこの問題の村上ファンドの解約の手続きを取ろうとしたと報道されている。

このスケジュールが今後大きな問題になるのは必死。

なおかつ、阿部官房長官からも十分説明しているし「今後国民からの信任のもと、日銀総裁として職務を全うしてほしい」としている。

退任問題も政府に握られている形。

7月のゼロ金利解除は8月に。政府主導かな。
[PR]
by runrunm | 2006-06-16 00:59 | 株式市場

おっと!日経平均4%安だ。 14218.60 (-614.41, -4.14%)

昨日のNY Mkt。安く終わっていたから仕方がない。
今日も小幅安ぐらい。などと思っていたら。。というか、こうまでもNY市場に追随する日本のマーケットも今を感じるとしかコメントしようがないけれど。

二時半ごろから先物売りから加速、引けてみれば、
14,218.60円 -614.41 -4.14%・・

前のブログで日経225嫌いを書いているから
今日ももちろん
私はTOPIX派。
こちらは1458.30pt -3.48%

この下落率の違いは、日経225の寄与率の高い業種の電気の下げ幅が大きかったから。

インド株も4%以上の下落。

アメリカ発のインフレ懸念のための金利上昇懸念。

ちょっと影響受けすぎかな。

今日は米国、消費者物価指数。CPI。
はたして
コンセンサスに対してプラスに出るかマイナスに出るか。。。
明日の朝には結果が。。。。

でも、今日の下げは福井総裁効果もあるのかな。脇があまいかな。
村上ファンドと福井総裁
[PR]
by runrunm | 2006-06-13 23:41 | 株式市場