<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ハンドルネームは「B・N・F」


日刊スポーツの記事から(引用:http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20081028-423556.html)

ジェイコム男、株大暴落でも25億円の儲けだそう。

→ いやいやすごい人だな。


 05年のジェイコム株誤発注騒動で巨額を稼ぎ話題になった都内の個人投資家「ジェイコム男」こと「B・N・F」氏(30)が、最近の株価大暴落の中でも資産を増やし続け、今月中旬には一時、昨年末から約25億円多い「資産総額約210億円」に達していたことが27日、分かった。現在も資産総額約200億円。今月には東京・秋葉原駅前のビルを約90億円で「1棟買い」し不動産に進出していたことも判明。世界的金融危機の大嵐の中、カリスマトレーダーは“1人勝ち”していた。

 B・N・F氏によると、同氏の現在の資産総額は株、不動産合わせて約200億円。日経平均株価がバブル崩壊後最安値を更新した27日も無傷で、前週末比プラスで終了した。株価が大暴落を続ける中、資産総額が過去最高を記録したのは、日経平均終値が前週末比約1171円高となった今月14日で、その日に計約210億円に達したという。

 同氏は昨年12月初めの時点で資産総額約185億円だった。米国のサブプライムローン問題に端を発した世界的金融危機の嵐が吹き荒れ、大手金融機関も次々経営危機になる中、同氏は利益を着実に出し続け、昨年末以来、資産総額で最大約25億円を増やしていた計算になる。同氏は今年の取引について「『かなり順調』ではないですが(総資産は)増えています。こんな暴落は今までに経験がないので、少しでも油断するとあっという間に10億、20億は損しそうなので、かなり相場に集中しています」と述べた。

 ただ、何度か「ミス」もしたという。9月に入って米国株の取引も始めたが、米大手証券会社リーマン・ブラザーズ株が急落した際に約7億円分購入。しかしその直後の9月15日に同社の経営破たんが発表され、損失を出した。また先週、日本株で油断した売買をし、約5億円の損を出したという。「(今年の日本株取引では)この5億円の損が最大です。また、米国株はほかの銘柄で利益が出たので合計はプラスになりましたが、日本株との両立はきついので今はやめています」(同氏)。

 また、同氏は最近“アキバ不動産”投資に乗り出していたことが分かった。同氏によると今月、秋葉原駅前のビルを約90億円で購入した。現在の資産総額約200億円のうち、約90億円分がこのビル。現在の株の運用資金は約110億円という。同氏はビル取得の理由について「駅前の物件を個人が買うのは、市況がいい時では難しいと思ったので、めったにないチャンスと思いました」と話した。

 最近、ネット上の個人投資家らの間で、株価暴落をめぐり、同氏の「巨額損失説」「退場説」など根拠なきうわさが多数流れていた。しかし実際は、カリスマトレーダーは健在だった。
[PR]
by runrunm | 2008-10-29 20:02 | 株式市場

手作り第4弾も出来上がり


あっという間に、出来上がり~
b0098780_19351489.jpg

[PR]
by runrunm | 2008-10-29 19:36 | 産休中

手作り第2弾そして、第3弾

ベビースリング
あら簡単。
あっという間に出来上がり。
b0098780_1946650.jpg


調子に乗って
毛糸を購入して、、
b0098780_19464464.jpg


根詰めて根詰めて
b0098780_19472929.jpg


出来上がったのはマフラー
b0098780_19471747.jpg


ただいま第三弾製作中
b0098780_19482072.jpg

[PR]
by runrunm | 2008-10-28 19:49 | 産休中

日経平均一時7000円割れ

。。。
そうか、6000円台に突入か。
昨日、市場安定化策が発表されたものの、反応なし。
確かに、空売りが下げ相場の拍車をかけているのは事実だけど、空売り規制には反対。
市場を規制する方法はあまり先進的なものでないと考える。

規制すれば下がらないかというと、そんなことはないわけで。
手続きがめんどくさいだけだ。
(東証への空売り訂正など雑務も増えるとも)

一時しのぎの対策というのが、この空売り規制の内容についても露見。
[PR]
by runrunm | 2008-10-28 19:28 | 株式市場

毛糸のその後

b0098780_18102243.jpg


ベービー腹巻、ベービー靴下、モービル。

網目は気にしない。。。不器用だ。
[PR]
by runrunm | 2008-10-15 18:18 | 産休中

歴史に残ることになった。 ~2008年金融市場~

2007年12月に言っていた。
2008年についてのアノマリーを。
西暦に7の付く年は、過去、悪いことが起きていた。だから2008年は投資の年なのかもしれない。なんて。
実際に、2007年は、サブプライムローン問題がクローズアップされた。8月の世界同時株安はサブプライムショックと名づけられた。
そして、その10年前の1997年。
山一證券、北海道拓殖銀行が自主廃業、破綻。
さらに10年前の1987年10月にはブラックマンデーがあった。

もう少し振り返ると、1977年 円高ショック、1967年 英ボンド危機、1957年 なべ底不況、とあげればきりがない。

西暦の末尾に7の付くとしに株価が下落する要因が起こりやすい=次の年は挙がりやすいというのが過去経験則。
実際、日経平均株価を見てみると過去60年の末尾が8の年には、上昇率が高い。

そして、今年はアメリカ大統領選とオリンピック開催年。
有権者へのアピールのため金融市場にとっては追い風の政策から株価が上昇する確立が高くなる年のはずだった。
はずだった。

が、ふたを開けてみると
問題は悪化する一方、誰もが想像していなかった出来事が次々と起こることになった。

日本では、貯蓄から投資への政府のスローガンがようやく、徐々に浸透し始めていたといっても良かったが、
これで全てが吹っ飛んだような気がしてならない。
リスク=ギャンブル
資産運用なんて、結局ギャンブル。

せっかくの国際分散投資の勧めがおじゃんだ。
値上がりしているのが、国債と金じゃ、どうにも。

長期投資、そして分散投資を行えば必ず値上がりしていたこれまでの過去が覆され、
金融市場には悪魔が住んでおり、30年いや50年、もしかしたら100年に1度は全ての長期投資がおじゃんになる場合もあるということを誰もが知ってしまうことになった2008年か。

ここは買い時、思い切って!!なんていっても、疑心暗鬼多くの投資家が見向きもしない相場環境がしばらく続くのか。
[PR]
by runrunm | 2008-10-15 18:07